週刊メールマガジン「ゴールド・マーケット・ナビゲーター」とは

週刊メールマガジン「ゴールド・マーケット・ナビゲーター」とは、 毎週発行される金相場の分析・予測を配信する メールマガジンです。

また、ゴールド・マーケット・ナビゲーターの監修者は、あの有名な金先物 プロトレーダーで知る人ぞ知るのマサアキ氏です。 特徴は、相場の予測などは奥深くまで分析・配信する点です。

日本初「金相場の具体的な数字も配信!

日本初の具体的な金相場の数字まで配信します。 あの金先物トレーダー「マサアキ氏」だからこそ現実化するサービスなのです。 日本国内、どこを調べても有り得ません。

さらに、「無料」なのですから。

今すぐ無料登録
ゴールドマーケットナビゲーター週刊メルマガ
金に関する全ての金融商品に有効です。

マサアキ氏のプロフィール

1961年7月5日 愛知県名古屋市生まれ。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会う。
プラチナ先物取引で、わずか2ヵ月間で150万円を600万円に。
その資金により金先物取引を行い、5年間で7000万円にまで運用。

総資産1億円以上の富裕層向けに金先物のコンサルティングを展開。適格且つ豊富な知識により金先物業者や現物販売業者から消費者を守る。

金先物相場を牛耳るアメリカやイギリス、スイスにも人脈を持ち金市場のインサイダー情報も独自に得る。

週刊メールマガジン「ゴールド・マーケット・ナビゲーター」 基本情報

  • 週刊メールマガジン (毎週配信・曜日不定)
  • マサアキ氏が完全監修
  • 独自ルートの情報、独自テクニカルを確立
  • 完全無料のメールマガジン 【永久無料】
無料メルマガ配信内容の一部を公開!

お客様の声

  • お客様の声【山田 様】

    マサアキ様
    山田です。
    中々欲しくても手に入らない貴重な情報を無償でご提供して下さり、感動の連続でした。お心に感謝しております。

    私は5年ほど前から、プロの手法には、とても及ばない素人の簡単な方法で少しずつ利を得ています、今回頂きました情報を何度も読み返し少しずつ自分の手法の中に取り入れさせて頂きます。ありがとうございました。

    これからも、人から「ありがとう」と言われるような素晴らしい生き方をなさって下さいね。

    陰ながら祈っております。

  • お客様の声【別所 様】

    マサアキ様

    いつもお世話になっております。
    いずれ感謝のメールを差し上げたいと思っていましたが、年初に貴ブログを発見して以来、メルマガ・ブログ共に(ブログは開始時に遡り)全てプリントアウトして、何度も再読しながら勉強しています。

    金投資について、私自身は、まず長期の見通しを持った上で、余裕があればサヤ取りなどの勉強をしたいと思っていたところでしたので、メルマガ以前に、ブログで公開されている今後12年ほどのサイクル予測を拝見した時、すでに目の前がパッと開ける思いがしたものでした。
    はっきり言って、このサイクル予測だけでも、十分(すぎるほど)利益につながる情報です。(勿論、これに乗って失敗したら自己責任が、読者側の仁義です)

    尚、私は貴ブログ・メルマガが、今後、現行スタイルのまま有料となったとしても、料金が常識範囲内なら読者を続ける所存です。
    それだけ価値のある内容と思っています。
    今後とも、どうぞご活躍を続けてください。

  • お客様の声【伊藤 様】

    初めまして、京都の伊藤と申します。不思議なご縁で、マサアキさんのメルマガを読ませていただいております。 私は、10年以上前から、「現物派」です。毎月の積み立てで、コツコツ貯めてきました。
    先物は、以前したことがありますが、損をして終わりました。
    このままでは、終わりたくないので、再度、先物にチャレンジしたいので、マサアキ様のメルマガを読んで、勉強させていただいております。

  • お客様の声【高田 様】

    はじめまして。
    熊本で、金先物を楽しんでいます。
    遡るとはや15年ほどになります。

    以前は対面取引でやってましたが、マイナスが重み現在は岡藤商事のネットで取引をやってます。
    ネットは自己責任なので、自分の確固たる投資スタイルを持たなければなりません。
    その過程において、マサアキさんのメルマガを参考にさせてもらってます。

  • お客様の声【谷川 様】

    いつも拝読させていただいています。ありがとうございます。
    私の情報は亀井氏,豊島氏、池水氏とメリマン氏の月一情報によるものです。
    現物を担保にして先物取引で生活費を稼いでいます。
    今年からマサアキ先生の情報を頂けるようになって心強くなっています。
    長期投資が私の基本です。
    短期だと短気になって見えるものも見えなくなってしまいますよね、
    マサアキ先生の御教示のように自分で考えないとアカンと思う今日この頃です。
    カクユウ私も先物営業に頭を痛めておりますが・・・電子取引に移行した方がいいのかなと思っています。

  • お客様の声【余語 様】

    マサアキ 様

    お手数をおかけして申し訳ございませんでした。
    当方、妻子持ちの中小企業に勤めるヒラリーマンですので投資出来る金額が小さいく、マサアキ様に顧問頂けるような身分では御座いません。
    しかしながらご教授頂きましたことを実践させて頂きます。

    今年は4月から金先物の短期売買を繰り返して300万円まで利益を上げましたが8月中旬の上昇時にショートから売り上がってしまい、途中で手仕舞った際に250万円を失ってしまいました。

    そこで今のやり方ではダメだと思い、いろいろとネットで検索してマサアキ様を知りました。
    これからもメルマガやブログを楽しみにしております。 どうもありがとうございました。

  • お客様の声【桑田 様】

    マサアキ様

    移動平均線、サイクル論等、貴重なノウハウを教えていただきまして、たいへん有難うございます。毎回、メールの配信を心待ちに致しております。
    私事ですが、昨年11月中旬に思いもかけず、何も知らずに金の先物取引をはじめました。
    業者営業マンのアドバイスで、金の売り、白金の買いを作り、毎日繰り返す売買で大きな損害を作ってしまいました。そのような状況の中で公式ブログ「ゴールドマーケットナビゲーター」を拝見する様になりました。そこから、マサアキ様のメルマガを配信していただく様になった次第です。
    メルマガから頂いたノウハウは、目から鱗が落ちる思いです。大きな資金を失ってしまいましたが、今後もいろいろと情報を頂き、勉強して、前向きに進んでゆきたいと思っております。
    これからも是非、貴重なノウハウを、ご教授いただけますようお願いいたします。

よくある質問

  • どのように金相場を予測するのですか?

    テクニカル分析と周期論です。前者の場合、一目均衡表やボリンジャーバンド、及び移動平均線などを用いた分析です。後者についてはメリマン周期論を採用し、総合的に分析予測しています。

  • 私はFXの経験はありますが、その時の知識は金先物取引やCFD取引にも役立つでしょうか?

    はい、テクニカル知識をFXにも駆使していらっしゃったのなら、それは金先物やCFD取引にも適用出来ます。但し、周期論に関しては金には金の、ドル円にはドル円について各々独特の周期があることを予め知っておいて下さい。例えば、金は25年、ドル円は16.5年というように相場銘柄によって周期は異なります。

  • 私は金現物を保有することに関心がありますが、先物取引での儲け方ばかりでなく、どのような銘柄の金を買ったら良いとか、どのように保有したら良いとかいうようなアドバイスもして頂けますか?

    はい、勿論です。私は今までに富裕層だけでなく、中間層の方々にも金の現物保有を非常に強く勧めてきました。一口に現物保有と言ってもその奥は意外にやや深いです。何故なら、売却時にはどのお店においても全ての銘柄の扱いが同等というわけではありませんし、また保有形態も単純に自宅で保管するしか方法が無いわけでもありません。更には、日本国内だけでなく、国外で保有するという選択肢もあります。

  • 金相場はもう10年以上にわたって5倍以上の価格に上昇してきていますが、まだまだ今後も上昇を続けるのでしょうか?

    はい、そう見ています。価格が何倍になったからもうそろそろ天井だろうという考え方は正しい相場の見方ではありません。相場で最も重要なのは縦軸の価格論よりも横軸の時間論(日柄)の方です。つまり、相場がまだ若いのか、あるいはもうそろそろ上昇相場が終わりに近づいてきているのかということは横軸の時間論で判断します。メリマンサイクル論では、金の大周期は25年であり、その中に、8.5年周期が3つ入ります。現在はその2つ目の8.5年サイクルの前半に位置しています。従って金相場はまだとても老いたとは言えず、まだこの先10年以上は上昇を楽しめるという結論になります。もちろん相場ですから天井まで一本調子ではありません。節目節目で修正を繰り返しながらの上昇であることは言うまでもありません。

  • 最近は日本でもよく金の話題が取り上げられるようになったので、金についても認識はありますが、銀はどうなのでしょうか?銀を買っておくことも有効でしょうか?

    これは良い質問だと思います。日本では銀はあまり人気はありません(日本人は白系貴金属の場合プラチナを好む傾向が強いです)が、海外では事情が全く異なり、むしろ金より銀の方が好まれる場合もあります。銀のポテンシャルを述べるとすれば、貴金属(金、銀、プラチナ及びパラジウム)の中で唯一1980年時の最高値を更新していない銘柄であることです。しかも銀は、金などとは異なり、一度工業用途で使われるとスクラップが回収されず、ドンドンと地上から消え去っていってしまっていることです。銀の値動きは金に連れる場合が殆どです。4つの貴金属の中で最後の出遅れ銘柄である銀にも大きな楽しみがあります。国内での取引は金と違って色々条件がつきますが、海外をうまく使うことによって楽しい保有が出来そうです。いずれこれについてもどこかで触れます。

金融商品などの取引・投資に関するご注意
金先物および金に関する金融商品・投資についてはリスクがございます。当メルマガでは、金の取引・投資の1つの情報としてご活用いただけますが、その情報によりお客様に損失が発生しても当方は一切責任を負いかねます。最終的な売買タイミング等はお客様自身の判断により判断してください。本メルマガで損失が発生しても一切には負いかねます。了承できない方は登録を禁止します。

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律に基づく表記